スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お迎え編・その②

省吾のお辞儀を目にした私たちは、直接のアプローチを止め、見送る事に専念しました。
イベンターさんにがっちりガードをされた省吾も、話し掛けないでオーラを出しているように感じたのよね。。。

私たちの他には、省吾へのお届け物を手渡したいと言っていたお二人がいて。。。
今回は無理かも・・・と、ひと言ふたこと言葉を交わし、五人で一緒に、あっという間に通り過ぎる省吾の後を追いかけます(焦っ)
建物脇にいた車に乗り込んで、きっと癖なんだと思うけど深く腰を落として沈み込むように座る省吾
マネージャーさんたちは、荷物の積み込みに殊のほか時間を取られたようで、その間、運転席側の最後列にいる省吾を見つめる事ができた(気がした・笑)のは、嬉しい誤算だったなぁ~
(≧∇≦)

ゆっくり発進した車がメインストリートに出るために私たちの目の前を徐行運転で通り過ぎるときも、埋もれた姿勢のままスモークを貼った車内から手を振ってくれて…
私たちは、再びその後ろ姿を見送ることができたのでした。


やっぱり…報われた…

よかった…♪

( ̄∇ ̄゜)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふろいらいん

Author:ふろいらいん
子供の頃に たくさんの小鳥と暮らした私が オカメインコの ノーマル 『 くぅ 』 と ルチノー 『 める 』 と 出逢い その一途な愛と眼差しに 癒されながら 過ごす日々を 浜田省吾さんのお話も交えて 綴ります

2011年7月16日 大切な『 める 』を迷子にした時には、たくさんのみなさんの温かいお気持ちをいただきました。
本当にありがとうございました。
こうして、再びくぅとの生活を始めることができたのも、本当にみなさまのおかげと、感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、これから先も、めるへの思いは消えることはありません。引き続き、こちらめるの特徴を詳しく記しています
よろしくお願いいたします
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オカメなカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いくつになったの ver2
いくつになったの ver2
PikaPika_Atlantis
Present's by
3ET
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。