スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「魔法の時間 ☆ 行ってきました 神戸初日♪②」

基本 ネタバレはありません~^^;
日記だから どうしても書かないと説明が付かない時には
「続き」に書くか「書きます」と言って書きますね ♡ ♡


今回は 入場する時に引換券をかざすまで席番が分からないので
どの席になっても良いようにと 強い味方になってくれるグッズを2つ持っていきました

ひとつは「双眼鏡」
例え 肉眼で見る省吾が小さくても これさえあれば大丈夫!!
でも 上の子が失くしたようで・・・
行く行くは買わなきゃ!と思っていたところに
今回の神戸行きが決まって 急遽買いに走ったのです~
このタイミングでカメラ屋さんのオープニングセールに遭遇したのも「渡りに船」
これは 即 お買い上げ☆ですよね~^^

そして もうひとつは「耳栓」
双眼鏡とは逆の発想で どんなにスピーカー前の席になっても
これさえあれば大丈夫かな と 思って~(笑)

実際にはどちらも必要がない位の 夢のような席でした~
うらんさん ありがとぉ~♪



私にとって 大阪・神戸方面で出逢う 初の省吾。。。

並んで会場入りした私たち
今度は お手洗いを済ませる為に また並びます

きょうの開演前のBGMは どなたの選曲なんだろ~と想いを馳せる間も無いほど
慌ただしく時間は過ぎていき 待ちに待った再会の時
省吾や私たちの 4月23日のライブはスタートしました!

オープニングから疾走感のある曲が6~7曲も続いたでしょうか?
当然 観客席は総立ちです♪

省吾の第一声がいつも気になる私ですが 
今回はそれよりも5・6回と言わず
何度もワイヤレスの調子を気にする省吾の事が気になって気になって。。。
確かに 省吾の声が聴こえ辛かったり 音が割れ気味だった感じはあって 
省吾自身も 何かしらの違和感を感じていたのかもしれませんね

今回のツアーは 新アルバムを引っ提げての物ではありません
この日を迎えるまでにも どんな選曲なのかなぁと想像したり 
でも ある時にはイントロが鳴るまで一切考えず 
全てを省吾に委ねて楽しもう~って思ってる自分がいたり。。。


省吾と過ごす魔法のような時間は あっという間に過ぎ去り。。。

   ~*~妄想中~*~妄想中~*~妄想中~

第一部が終わると いよいよ黄色いロープの出番ですぅ

ただね ロープだけならいざ知らず 体格のいいお兄ちゃんがそこにいるのよね
彼もお仕事だから仕方ないけれど はっきり言って邪魔だったわぁ~(笑)


センターステージになって初めて気付いた事 それは
音が回ってて 特にドラムの音が半拍遅れて聞こえて来るぅ。。。
省吾は歌いにくくないのかな。。。

そのせいなのか分からないけれど「んんん???」って出だしの曲もあって 
やり直すよね~と思っていたらそのまま歌っちゃった☆とか

ちょっとだけネタバレすると。。。

・前回のFFFの要素が2曲ほどありデス
・前の記事でも書いてしまったけれど 黄色いロープがあります~(笑)
・イントロだけでは判断できないぐらいアレンジされてる曲もあります
・10年近く前のFFFでも熱く語っていたあの曲
 省吾自身が思い入れのある曲って変わらないのね~って思えた曲もありました(≧∇≦)
   ↑↑↑
これについては 続きを読んでくださぁい (⌒∇⌒) 

曲名を書いてるので クリック注意報 発令中です~^^

涙 あ ふ れ て

省吾が好きな曲ですよねぇ~^^
その、2番の出だしで。。。

♪いつも君の側にいて君だけを見つめてる 
 そんな優しい奴を・・・・・♪
って歌うところで、省吾が自分自身を指してたの見た方いらっしゃるかしら~
ほんっとうに、お茶目で可愛かったですよね~(//∇///)


その姿は、まるで一昨年の「あの時」みたいでした~


それは、とある日の、とある場所での出来事でした


私たちはガラス越しに省吾を見つめていました
細かい縦のストライプのシャツに、ブルージーンズ
サングラスの他に、帽子を目深にかぷり、大きすぎるぐらいのマスク姿は逆に目立つって・・・(笑)
手には500ml入りの水のペットボトルを持っていて。。。
よほど私たちの視線が痛かったのか、荷物待ちの方を見ていた省吾が、私たちがいる方を向いてくれました
嬉しくて、すかさず小さく手を振る私たち3人(笑)
すると、省吾はびっくりして、同じようにひっそりと(笑) お腹の辺りに手を持ってって、 自分を指さして少し首を傾げながら『え? ボクに手を振った?』って…
そこで、うんうんと大きく頷く私たち♪

ア・ナ・タ しかいませんってばぁ~(≧∇≦)

そしたら、今度は腰の辺りに手を持ってきて、小さく振って応えてくれましたぁ~
んもう、食べちゃいたいぐらいにカワイカッタ~
(//∇///)
それからも、会話しながらその相手越しに私たちの方を何度かみてくれました~♪


私たちが居る場所の反対側から行っちゃう~と思った途端、ダッシュしてた私っ!
背後から『握手してください♪』って言ったのに、身体を張って立ちはだかるイベンターさん (むぅ!)
でもね、その時、省吾が振り向いてくれて『じゃ、グーで』って、グータッチを…♪
    
    ・・・むふ・・・

その距離60cmぐらいのはずなのに、手元ばかりを見ていて間近の省吾を見てなかったのは 唯一悔いが残るけれど、それは今後の課題として…(笑)
それに、そんな私を省吾はしっかり見てくれていたと思っています(≧∇≦)
それにそれに、今回はFCイベントでの帰広なので、この時点で私たちがFC会員だって分かるでしょう~
当日も、私たちが会場にいると思って省吾が歌ってくれた!…と思っています

3人で行っておきながら、私だけグータッチしてもらって、ちょっと申し訳ないキモチもあるのだけれど、私にとって全てが初めての体験でした!!
握手じゃなかったけれど、そこそこの目標を達成したので、今回はもう思い残すことはありません

その夜は、あの瞬間を抱きしめて、幸せな気分で眠りに就いたのです

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふろいらいん

Author:ふろいらいん
子供の頃に たくさんの小鳥と暮らした私が オカメインコの ノーマル 『 くぅ 』 と ルチノー 『 める 』 と 出逢い その一途な愛と眼差しに 癒されながら 過ごす日々を 浜田省吾さんのお話も交えて 綴ります

2011年7月16日 大切な『 める 』を迷子にした時には、たくさんのみなさんの温かいお気持ちをいただきました。
本当にありがとうございました。
こうして、再びくぅとの生活を始めることができたのも、本当にみなさまのおかげと、感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、これから先も、めるへの思いは消えることはありません。引き続き、こちらめるの特徴を詳しく記しています
よろしくお願いいたします
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オカメなカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いくつになったの ver2
いくつになったの ver2
PikaPika_Atlantis
Present's by
3ET
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。