スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

省吾からのメッセージ

浜田省吾オフィシャルサイトに 省吾からのコメントが届いています
コメント欄にも書いたのですが

省吾も その昔 歌で人は救えないかもしれないけれど
支えにはなると思うみたいなことを言っていたような。。。 ちがったかな・・・


この度のツアーは 昨年・秋に発表され 
それに先だってDVD『僕と彼女と週末に』が発売されました

ですが 同じタイトルの同じ曲が もう20年も30年も前に発売になったアルバム
『PROMISED LAND』 のエンディング曲として 存在しています

省吾本人が 楽曲解説をしているので ご覧くだされば・・・と思います

歌詞は 歌詞検索で簡単に出てきます
動画もあるようですが この曲だけに止まらず DVD全般を通して 
昭和や20世紀について考えさせられる作品・省吾からのメッセージだらけなので
できたら DVDを観て頂けたら・・・そう思います


当時 省吾のアルバム( だけに限った事ではなかったのかもしれないけれど )の
最後の曲を聴けば 省吾が 今 何を思い 考えていかが分かるって言われていました

それで『この曲』だったので ずいぶん重いテーマだと 漠然と思ったのを覚えています
それ以上に驚いたのは レコードだけじゃなく ライブでこの曲を歌ったことでした

でも 聴きながら 同時にこの曲が歌われるのは これが最初で最後だろう――と
そう思ったのも 省吾が着ていた服装と一緒に とっても印象深く残っています

それが 今年 このタイミングで このサブタイトルでのツアーになるとは
何と云う運命のめぐりあわせだと思えてなりません。。。


くしくも テーマは原発だけど 省吾の事だから 
困難に直面なさっている方々への
最大限の配慮を持って完結すると 私は思っています



深い祈りと共に 静かに でも 力強く


 
思慮深い省吾だから こんな状況を声高に唄い上げることはしないはず・・・
それに そういう形で正当化されるのも 最も嫌うと思うのだけれど
それも含めて 全部を見届けたいと思います

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふろいらいん

Author:ふろいらいん
子供の頃に たくさんの小鳥と暮らした私が オカメインコの ノーマル 『 くぅ 』 と ルチノー 『 める 』 と 出逢い その一途な愛と眼差しに 癒されながら 過ごす日々を 浜田省吾さんのお話も交えて 綴ります

2011年7月16日 大切な『 める 』を迷子にした時には、たくさんのみなさんの温かいお気持ちをいただきました。
本当にありがとうございました。
こうして、再びくぅとの生活を始めることができたのも、本当にみなさまのおかげと、感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、これから先も、めるへの思いは消えることはありません。引き続き、こちらめるの特徴を詳しく記しています
よろしくお願いいたします
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オカメなカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いくつになったの ver2
いくつになったの ver2
PikaPika_Atlantis
Present's by
3ET
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。