スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

める 3歳の誕生日

12月20日 
めるが居ないまま迎えた める誕生日

おすまし める

ショップで出逢っためるだから 誕生日だって 逆算して決めたものだし 
全ては私の感情と言ってしまえばそれまでですが 
喜びでいっぱいで 楽しみに待つはずの日が 一番辛い日に。。。

そうしてしまったのも 私だと分かっていても あの日さえなければ
一緒に3歳の誕生日を祝うはずだったのに・・・
そんな思いが拭えないままに。。。
でも・・・
気持ちの整理は出来ない私などお構いなしに 残酷なほど月日の流れは確実です。。。

あれから半年

藁をもすがる思いで 当時 ずっと見ていた県警のサイトも 
いつの頃からか めっきり 訪れる回数が減りました

ここは 迷子の鳥さん情報が多くて 訪れるたびに胸が痛くなってしまいます

広島県警は どうして『鳥』の項目欄を設けてくれないのでしょうね???
設定すると不都合なことがあるのなら仕方ないけれど 
おなりの山口県には ちゃんと鳥の項目があるのだから 出来ない筈はありませんよね。。。
当事者としては 是非とも作っていただきたいなぁ~と願います!!


あの日も――
『しまった!!』と思った次の瞬間には まだ近くに居たようでしたが
居場所が分からないまま 次に見た時には 大空を飛んでいて 
見るみる遠くへ飛び去っていくようで 愕然としました 
(実際には くぅの体色は 風景に同化して良く分かりませんでしたが。。。)

鳥には翼があるから仕方ないのかもしれませんが 
それにしても。。。

それでも くぅは 鳴きながら飛んでいたので ぼんやりとですが場所の確認はできました


それに比べて めるは・・・
鳴き声は 一切聞こえなくて どこに居るのかも分かりませんでした

何も言わないで私の元を去ったままだったから 3日目の朝に 
夢の中で挨拶に来てくれたのかな
その 夢の中で めるの鳴き声を聞くことは出来なかったけれど
それが その時のめるにできるベストだったのかな
逆に言えば そんな状況でも 何か伝えようとして 夢に出てきてくれたのかな

そこで―― 
めるの優しさも含めて なんだか 分かった気がした――
分かりたくはなかったけれど 分かった気がしたんだ――
 

『ふろいらいん家の子になるぅ♪』
出逢った日 まるで そう言っているように 私をめがけて飛んできてくれたのに
何をどう言っても もうめるに逢えないのかな

卵関連ではかなり苦しんで 縫い詰めたりホルモン注射をチックンしましたが
それも5月の中旬には一段落していて 通院中じゃなかったのが せめてもの救いです
そして 一番救われているのは そう言い聞かせている 私自身です


める

返事が無いと分かっていても 毎日 川を渡る度に いつも名前を呼んでしまうけれど
それでいいんだよね

これから先の日々で 直接逢うことが叶わないのなら 
この大空の下 どこかのお家で可愛がられているのなら 
それが それこそが めるの幸せなら

それを願うことしか出来ないのが 歯痒いけれど
見守って 笑いあって過ごせない日々は辛いけれど胸に飛び込んで来てくれためるを裏切ってしまって苦しいけれど

気持ちだけは これからも一緒にいようね
そして 時々ここに登場して あんなめるや こんなめるを見てもらおうね^^

なぁに?

あぁ やっぱり どこまで行っても自己満足で ごめんね
 
 める 大好きだよっ♪

コメントの投稿

非公開コメント

めるちゃんお誕生日おめでとう!

ふろいらいんサンの近くにはいなくてもきっと声は届いていると思います。
早くお家に戻れるよう祈ってます。

めるちゃん、お誕生日おめでとう♪

ほんとにきれいでかわいいめるちゃんですね。
3歳のお誕生日おめでとう。

どこかのおうちで、お迎えした日を誕生日にされているのでしょうね。
うちのジュジュも、うちに飛んできた日が誕生日です。
本当はいつがお誕生日なの?どこのおうちから来たの?って聞いても答えてくれなくて…。
元気に幸せにしてますよーって、もとのおうちの飼い主さんに言いたいのです。

めるちゃん、ふろいらいんさんのもとに帰ってきますように…。

あや吉さん

ありがとうございます。
くぅが、めるの鳴き真似をするのは、突然で、よく似ているので心乱れてしまいます。

そして、夢で逢いに来てくれたのは、もう帰って来れないって私に知らせに来たようで。。。
なんて律儀なんでしょうね・・・辛いです。。。

あの日から、めるは永遠の存在として私の中に生きています。


ととべべさん

ありがとうございます。
めるは・・・おっとりとして、女の子らしいオカメちゃんです。

帰って来ることを願う自分と、
もう逢えないのだろうと分かっている自分とが居て。。。

めるが味わっただろう命がけの泣きたい思いに比べたら、
私の想いなんて、結局は独りよがりだと分かっているんです。。。

本当に、いつまで経ってもめそめそで、ダメな飼い主です。
プロフィール

ふろいらいん

Author:ふろいらいん
子供の頃に たくさんの小鳥と暮らした私が オカメインコの ノーマル 『 くぅ 』 と ルチノー 『 める 』 と 出逢い その一途な愛と眼差しに 癒されながら 過ごす日々を 浜田省吾さんのお話も交えて 綴ります

2011年7月16日 大切な『 める 』を迷子にした時には、たくさんのみなさんの温かいお気持ちをいただきました。
本当にありがとうございました。
こうして、再びくぅとの生活を始めることができたのも、本当にみなさまのおかげと、感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、これから先も、めるへの思いは消えることはありません。引き続き、こちらめるの特徴を詳しく記しています
よろしくお願いいたします
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オカメなカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いくつになったの ver2
いくつになったの ver2
PikaPika_Atlantis
Present's by
3ET
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。