スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お迎えに行った当日の くぅの様子です

めるを迷子にしてしまいました!!

たくさん人が集まる場所に チラシを張らせて頂きましたが
目撃情報も何も無く 足取りもまったく掴めないまま ちょうど きょうで一週間が経ちます

きょうは ご近所から周辺の団地 数百軒に ビラを投函しました
そして お会いする方全てに声をかけると 一瞬 怪訝な顔をされますが 
事情を説明すると みなさん表情が緩み 温かい言葉をかけていただきました
ありがたいです。
そして 何かしらの連絡が入ることを願っています
めるに届きますように・・・

埼玉のピーター君も迷子です  詳しくは こちらをごクリックして ご覧ください


連日 めるの捜索に重きを置いていて なかなか書けなかった
くぅが見つかった日のできごとです

 

19日(月)のブログに コメントをくださったのが 全ての始まりでした!

内容は・・・ 
19日17:00頃 速谷神社にお参りに行った際に 
境内の池の岩に ポツンと止まっているオカメインコを見つけ
神主さんに網を借りて保護し 
カゴを買って 家まで連れ帰っていただいたと。。。
くぅに似ているような気がするとも言っていただいて・・・
名刺をあげたら きゅるると鳴くというのです!


場所といい タイミングといい 特徴といい
くぅじゃないか?!と思い 早速 訪ねる道すがら・・・

ドキドキしました!
くぅかもしれない・・・でも くぅじゃないかもしれない

くぅだといいな そう思いました
もちろん 私たちの元に帰って来てくれるという思いもありますが
これが くぅじゃなかったら もう一羽 迷子ちゃんが居ることになるからです


そして 緊張の対面となり・・・
暗がりでしたが ひと目見て くぅだと分かりました♪ (≧∇≦)

目にするまで 内心 ボサボサで毛艶もなく みすぼらしい姿になっているのでは・・・ 
と 心配していましたが 
声こそ控えめに『ちゅぴ』って鳴くものの 思いのほか元気だったので ほっとしました

見つけたその足でペットショップに行ってくださったおかげで 
くぅは ピカピカの新しいお家に ご飯に赤粟穂まで用意していただいて
すっかり 赤粟穂を食べ尽くしていました(笑)

きっと お店でいろいろ訊いて 準備してくださったんですね!!
それが嬉しくて ちょっと うるっとしてしまいました^^


実は このペットショップにも張り紙をお願いしようかと思っていたのですが 
あまりにも離れているので 行っていなかったのです
行っとけばよかった・・・じゃなく 行くべきでした

自分で 可能性を絶ち切っちゃいけない !   そりゃ そうですよね・・・
そして このお店は めると出逢ったショップでもあって・・・ う~ん 複雑。。。



くぅは 一度は迷子になりましたが こうして心優しい方に保護していただけて
本当に幸せ者です
ありがとうございます 

夜の訪問だったにも拘らず 快く応じていただき ビットさんご家族には 
本当に感謝しています   感謝してもしきれないぐらいです
ありがとうございました



そして きのう その場所を訪れました
団地を越えた裏手にある 速谷神社
石でできた鳥居をくぐって しばらく進むと

楼門

立派な 楼門があって さらに進むと

神門

神門があり その奥に見えるのが・・・

拝殿

本殿だと思っていたのですが 調べてみたら 拝殿でした

お札をいただくところで宮司さんにお礼を言い 
くぅがいたという『境内の池の岩』を見に行きました

境内案内図を見ても 門からは遠いところにあります
実際 池は 楼門と神門との間で 門から50mぐらい離れた 左手にあって
拝殿に向かって まっすぐ歩いていただけでは きっと見つけて貰えないようなところです

この岩のどこかに居たんだ・・・

こちらに辿り着くまでの間も どこでどうしていたのか さっぱり分かりませんが
神社という場所柄 神様も 見守っていてくださったのかもしれません
本当に 奇跡のような出来事です!!


それに この日は居なくなって4日目 79時間が経っていました
人間の場合ですが 一般的に 生存タイムリミットは72時間と言われます
それより ずいぶんと小さいオカメインコ――
本当に ギリギリのところで 命を救っていただいたことになります
 
網で捕まったくぅ・・・もちろん 普段なら捕まえられはしません
もう 動く元気もなかったのか それとも この場は 
捕まった方が生き延びられるぞ!という 野生の勘が働いたのかは 分かりませんが
おかげさまで 襲われた形跡どころか 怪我ひとつありませんでした


実は ビットさんのお住まいは 高速道路でいうと 
我が家からは インターひとつ分ほど 離れています

なのに あの日 あの時 あの場所にいらしたこと
くぅの存在に気付いてくださったこと
網で捕まえることができたこと
ネットで それらしき迷子情報が出てないか探して 連絡をくださったこと

この巡り合わせに 感謝せずにはいられません

お宅にもワンちゃんが居るとのことでした^^
お話していても お人柄が表れていらして 
本当に良いご家族に保護していただいたと感じました
くぅ・・・
もうひとりの『お父さん・お母さん』 それに・・・
もうひとり『お兄ちゃん』が できたねっ!!^^

元気です♪

ご心配をおかけしました^^

きょうも しっかりお歌も唄って いつもの仕草も出ています
ただ・・・いつも めるがいたところに行ったり きょろきょろと捜しているようです
何だか違う・・・と あの仔なりに感じているのかもしれません

また める との 本当の2ショット写真が撮れるようにと 願っています 
なんとか めるに届きますように・・・!!

くぅ アナタの強運を めるにも・・・ね!!
心待ちにしている連絡が入るといいね♪  ちょっと 待ってみようね 

めるに関する情報も どうぞ よろしくお願いいたします


最後になりましたが
 
くぅのことを見守っていてくださった全ての方々に ―― 

ありがとうございました

もう少し お力をお貸しください   お願いいたします!!


長々書きましたが 読んでくださって ありがとうございました




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふろいらいん

Author:ふろいらいん
子供の頃に たくさんの小鳥と暮らした私が オカメインコの ノーマル 『 くぅ 』 と ルチノー 『 める 』 と 出逢い その一途な愛と眼差しに 癒されながら 過ごす日々を 浜田省吾さんのお話も交えて 綴ります

2011年7月16日 大切な『 める 』を迷子にした時には、たくさんのみなさんの温かいお気持ちをいただきました。
本当にありがとうございました。
こうして、再びくぅとの生活を始めることができたのも、本当にみなさまのおかげと、感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、これから先も、めるへの思いは消えることはありません。引き続き、こちらめるの特徴を詳しく記しています
よろしくお願いいたします
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オカメなカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いくつになったの ver2
いくつになったの ver2
PikaPika_Atlantis
Present's by
3ET
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。